10 7th, 2013 7:42:58 PM
By anonymity

両親との同居が条件となっている人も多いと思いますが、家庭に入る女性にとっては他人との生活になかなか馴染めないという人も多いと思います。
そのような場合に最適なのが二世帯住宅となります。同じ土地の上に住みながら両親と子ども夫婦が同時に生活できますので、同居のメリットとそれぞれの世帯のプライバシーを確保できる点に二世帯住宅のメリットがあります。
人間関係が上手くいかないことが同居の問題点としてありますが、二世帯住宅であれば簡単に解決できるのです。


二世帯住宅のメリットは、それぞれの世帯の精神的な負担を減らすことに繋がっていきますが、最も大きなメリットは経済的に建築することができる点にあります。一般に若い子ども夫婦との同居のために二世帯住宅を選ぶ場合が多くなりますので、親世帯と子世帯の折半によってローンを支払っていくことが可能なのです。また、親子二世代ローンも可能ですから、建築コストの全てを一方の世帯だけで負担しなくても良いため金銭的なメリットが大きくなるのです。
私は二世帯住宅なんて絶対にいやだと思っていました。だから自分たちが新築一戸建てを購入するにあたり、両親のことは何も考えていませんでした。しかし、色々な一戸建てを見学していると、二世帯住宅を紹介されることもあり、少しずつですが二世帯住宅も悪くないかもしれない、という意見に変わって行きました。
ちょうど両親からも、老後を考えると二世帯住宅にしてもらえるとありがたいと言われていたので、親孝行のつもりで二世帯住宅を購入することに決めました。


購入するにあたり、驚いたことがあります。それは私がイメージしていた二世帯住宅の形は、今ではだいぶ違っている、ということでした。リビングなども二つに分かれているので、お互いの生活スペースやリズムを乱さないで済みます。
でも家族皆で集まりたいときには共有スペースに集まって話すこともできて便利です。また、子育てを手伝ってもらうときは子ども部屋にすぐ来てもらえて相手をしてもらえるのであり難いです。二世帯住宅には、最初に考えていた以上に良いところがたくさんありました。

Archives